新潟で長期優良住宅のデザイン住宅 アーキレーベル(株)鈴木組

アーキレーベル(株)鈴木組
 TEL 025-387-3736

ここちよい暮らし、タイムレスなデザイン
 アーキレーベル(株)鈴木組
新潟県新潟市北区内島見817番地
 TEL 025-387-3736

資産価値の証明「長期優良住宅」

長期優良住宅

建物にも資産としての価値を

日本の戸建住宅は30年もたたないで壊され、建て替えれらるのがほとんどでした。中古住宅も築10年以上たっているとその価値はゼロ円とみなされ、土地のみにしか資産価値を持つことができないというのが常識だったのです。
この現状を変えようと制度化されたのが「長期優良住宅」です。この「長期優良住宅」は、「耐震性能」や「耐久性能」「温熱環境性能」「維持管理性能」などの項目で、一般の住宅よりも厳しい基準を超えていると認められた住宅のことです。この認定を受けることで、 良質な住宅であると公に認められることになります。そしてその結果として、将来自分の家を売却したり貸したりするときに、住宅の資産価値を高めてくれる意味を持っています。
アーキレーベルの注文住宅は、標準でこの性能をクリアしています。申請さえすれば認定がおりるレベルの性能を持っているのです。
 
 

長期優良住宅の詳細はこちら

 
将来の間取り変更も可能なスケルトン&インフィル

建物の性能として長期に耐えるということも重要ですが、も一つ重要なことが将来にライフステージの変化に対応できるかということです。
在来木造や2×4のような壁で家を支える工法の場合、間取り変更の際にその耐力壁が大きく邪魔をします。特に「長期優良住宅」のように耐震性能を向上させると、必然的に動かせない「耐力壁」が増えてしまい、更に間取り変更がしづらくなるという矛盾が生じるのです。
そこで大事なキーワードが「スケルトン&インフィル」です。これは構造部分(スケルトン)と内装部分(インフィル)を分けて設計するという手法で、鉄筋コンクリート像や重量鉄骨造では当たり前の考え方です。マンションが中古でもリノベーションをしながら売買される理由もそういう部分も大きいのです。
その「スケルトン&インフィル」を木造住宅で実現するために、接合部が強くラーメン構造の性質を持つ「SE構法」の強みが最大に生かされるというわけです。
 
アーキレーベルでは、このスケルトン&インフィルの考えを持ちながら耐久性の高い、本当の意味で「資産価値の高い」家づくりを目指したいと考えています。

 
スケルトンインフィル

アーキレーベル(株)鈴木組へのお問い合わせや資料請求はこちらからお気軽にお問い合わせください。
コンセプトブックやテクニカルカタログなどの家づくりの資料をお送りいたします。

 

TEL 025-387-3736

HOME | 安心 | 長期優良住宅
お問合せ
 
社長ブログ
 
設計士ブログ
 
現場日記
 
スタッフ日記